◇ 生涯学習団体「アカデミー愛とぴあ」には、どなたでも、いつからでも入会できます。
◇ 愛とぴあの年会費は4,000円(後期10月よりの入会時は半額)です。
◇ 愛とぴあの会員はサークルに加入することができます。会員には毎月、会報・行事表を配布します。
◇ サークル受講料は、下表の通りです。各サークルは 1回に限り見学が可能です。
◇ サークルの前期は4月から9月、後期は10月から3月 (8月と2月は原則休み) です。
◇ サークルの会場は「調布市文化会館たづくり」の会議室等が主ですが「調布市教育会館」,「調布市民プラザあくろす」なども利用します。開催日時が変更となることがありますので最新の行事表で確認してください。
◇ 各サークルは互選による「世話人」を中心に運営しています。

研究サークル


(特記のないサークルの受講料は前期・後期各4,000円)
☆:4月開始、★:10月開始の新テーマ、新講師のサークル
サークル名 講  師 内  容 開催日時

後期開講の新サークル
★ 折口信夫の愛と
     旅の世界

持田 叙子 氏 
(三田文学理事、
毎日新聞書評委員)

日本近代を代表する詩人学者・折口信夫の世界を、その美しい愛と古代を旅する情熱を柱とし、学びます。

第1月曜日 13:30~15:00

☆ 日本の宗教文化
 -日本のお寺と仏像

瓜生 中 氏
(宗教研究家)

日本のお寺と仏像を通して日本人のルーツを探ります。

第1水曜日 14:00~16:00

☆ 聖書と哲学
 -創世記を読む

松丸 和弘 氏
(東京都立大学非常勤講師)

創世記の物語の意味を、聖書と哲学がスリリングにせめぎ合う現代哲学の視点から読み解きます。

第1土曜日 10:00~12:00

「太平記」を読む会

櫻井 彦 氏
(宮内庁書陵部主任研究官)

鎌倉燃ゆ。新田義貞いよいよ鎌倉攻め。物語は幕府滅亡へ。史実を検証しながら虚構の世界を味わいます。

第2木曜日 14:30~16:00

後期開講の新サークル
★司馬遼太郎の短編で歴史を楽しむ

清原 康正 氏
(文芸評論家)

司馬遼太郎は短編でも独特の司馬史観を示しています。数多い短編から講師が選んだ作品を読み、歴史を楽しみます。

第2土曜日 14:00~16:00

万葉集を読む

伊藤 高雄 氏
(國學院大 等 講師)

万葉集を順次読み解き、関連する歴史や時代背景、歌の解説を受け、理解を深める。

第3月曜日 14:00~15:30

後期開講の新サークル
★ ギリシアの英雄叙事詩『オデュッセイア』を読む

川島 重成 氏
(国際基督教大名誉教授)

トロイ戦争後、さまざまな困難を知恵を駆使して乗り越えるオデュッセウスの帰郷物語を読む。(全7回開催のため受講料は標準と異なります)

第3火曜日 13:20~15:40

☆ 俳人たちと
    その時代

伊藤 伊那男 氏
(俳句結社「銀漢」主宰)

近代の俳人たちについて代表句を鑑賞、その時代背景を解説します。

第3金曜日 14:00~16:00

「史記」を通して
中国古代史を学ぶ会

髙橋 康浩 氏
(早稲田大 非常勤講師)

司馬遷の「史記」から古代中国史を学びます。

第3土曜日 10:00~11:30

☆ 19世紀ロシア文学に親しむ

木村 敦夫 氏
(ロシア文学研究者)

トルストイの名作「戦争と平和」を読みます。毎回レジュメを配り講師が丁寧に解説していきます。

第3土曜日 13:30~15:30

原文で読み味わう
    漢詩・漢文

河野 光世 氏
(湯島聖堂斯文会講師)

李白・杜甫に代表される漢詩の名句と、老子・荘子などの達意の文章を原文で読み味わう。

第4金曜日 13:30~15:30


    

俳句サークル


(受講料は前期・後期各6,000円、8月・2月も開催)
サークル名 講  師 内  容 開催日時

月代句会

鈴木 しげを 氏
(俳人協会名誉会員「鶴」主宰)

投句五句(兼題三句)

第1月曜日 13:00~16:00

芽柳句会

沖山 志朴 氏
(「春耕」副編集長)

投句五句(兼題三句)
日本の四季を感じ、表現することを楽しんでいます。

第1火曜日 13:00~16:00

絹の会

角谷 昌子 氏
(俳人協会理事)

投句四句(兼題二句、題詠一句)

-->

第2月曜日 13:00~16:30

火曜句会

鈴木 しげを 氏
(俳人協会名誉会員「鶴」主宰)

投句五句(兼題三句)

第2火曜日 13:00~16:00

金曜句会

遠藤 由樹子 氏
(俳人協会幹事)

投句五句(兼題三句)

第2金曜日 13:00~16:00

土筆句会

名和 未知男 氏
(「草の花」主宰)

投句六句(兼題二句、題詠一句)

第3火曜日 13:00~16:00


短歌サークル


(受講料は前期・後期各4,000円)
サークル名 講  師 内  容 開催日時

潮流歌会

雁部 貞夫氏

提出三首

第3水曜日 13:00~15:00

ぶどう歌会



小島 ゆかり氏
松尾 祥子氏

秀歌鑑賞、提出一首

第4水曜日 09:30~12:00

みかん歌会

秀歌鑑賞、提出一首

-->

第4水曜日 13:30~15:30


連句サークル


(受講料は前期・後期各6,000円、8月と2月も開催)
サークル名 講  師 内  容 開催日時

さざ波連句会

林 転石 氏
(連句協会理事長)

捌き(指導者)のもとで参加者が五七五の長句と七七の短句を付け合う座の文芸。歌仙(三十六句)に挑戦

第2水曜日 13:30~16:00


絵画サークル


(受講料は前期・後期各4,000円)
サークル名 講  師 内  容 開催日時

調布淡彩画の会

中川 平一氏

50数年間調布を描く講師のご指導により1年間の作品を樟まつりで展示発表

第4木曜日 13:30~15:30


朗読サークル


(受講料は前期・後期各6,000円)
サークル名 講  師 内  容 開催日時

朗読「繭を紡ぐ会」

石村 昌子 氏
(劇団民藝)

発声練習と作品朗読を行います。

第3金曜日 10:00~12:00


随想サークル


(受講料はサークルで決めています)
サークル名 講  師 内  容 開催日時

随想を書く会

藤田 三男氏

隔月に作品を提出し、合評指導があります。会員の随想を掲載した会誌「扉」を毎年発行し、事務所で販売。

第4日曜日 13:00~16:30


読書サークル


(受講料不要、愛とぴあ年会費のみ)
   ※印の読書会のテキストは、調布市立図書館に蔵書があれば、前のサークル開催日に貸出しします。
サークル名 内  容 開催日時

原文を読み語り合う
「紀行文」

「東路のつと」(連歌師 宗長)の原文を読み、語り合う。

第1火曜日 14:00~16:00

草の実読書会(※)

一冊の本を選び、仲間と語り合い、感動を共有する。その喜びを味わっています。

第1水曜日 10:00~12:00

染地読書会(※)

小説やノンフィクションなど多彩な本を読んでいます。一人では手にしなかったであろう本に、世界が広がります

第1木曜日 13:30~15:30

コスモス読書会(※)

ひとり、ひとりが気になる本、読みたい本を捜して、その本を皆で読み、感じたことを話しあう。そんな楽しい読書会です。

第2火曜日 10:00~12:00

こもれび読書会(※)

著者が描く人間のかかわり・広さ・面白さ、生きる喜びや悲しみなどを学び合い、読書が心の糧となるようすすめています。

第2水曜日 10:00~12:00

互葉読書会(※)

近代文学から現代作家の作品まで、会員の希望にそって幅広く読んでいます。

第2水曜日 13:30~16:30

名作読書会(※)

誰もが知る名作、知る人ぞ知る名作や最近の話題作をああだこうだと言いながら楽しくひも解いています。

第2金曜日 10:00~12:00

針布読書会(※)

昭和作家の作品のうち短編を選んで読みます。
会員宅にて開催。

第3木曜日 13:00~15:00

原文を読み語り合う
「源氏物語」

「源氏物語」を原文で読み語り合い、理解を深め味わう。

第3金曜日 13:30~15:30

古典文学を読む会

「源氏物語」(岩波文庫)

第4金曜日 13:30~15:30

もう一度読む、子供の本(※)

大人になって読み返して楽しむ子どもの本

第4土曜日 10:00~12:00

読書会夜行列車

唯一の夜間開催サークルです。サークル員に男性も多く、年齢層も幅広く、各々の意見を尊重しあって活動しています。

最終木曜日
18:30~19:30